どこでも購入できるクエン酸は、疲労回復や新陳代謝を活発にするなどのほか、化粧水や料理でも使える便利な美容成分

様々な美容効果が期待できるクエン酸

様々な美容効果が期待できるクエン酸

クエン酸は美容成分として様々な効果が期待できる

体が疲れてくると酸っぱいものが欲しくなるとよく言います。
酢の物やレモン、グレープフルーツが疲労回復に効果的と言われるのは、その中に含まれるクエン酸が、体内で乳酸などの疲労物質を分解してくれるからです。
またクエン酸は、体内の新陳代謝やエネルギー生産時の重要な要素でもあります。
学生時代、運動部のマネージャーが部活の時に良くレモンの薄切りをはちみつにつけたものを持っていきましたが、こういった効果が期待できたからなのでしょう。
新陳代謝が活発になれば、肌や髪の毛がつやつやになる効果も期待できます。
血液をサラサラにする効果もあると言われていますし、食生活の上でも、カルシウムの吸収を助けたり、脂質や糖質の消化を促す効果があるそうです。

更にクエン酸は、体の内側ばかりでなく外側の美容の助けにもなります。
薄めて使えば、ふき取り化粧水としても使う事ができます。
肌の上のいらない角質を取り除く効果があって、ざらざらした肌をすべすべにしてくれます。
クエン酸だけだと刺激が強すぎることがあるので、重曹を加えて、弱酸性にした化粧水を使用するようにします。
精製水100mlにクエン酸も重曹も小さじ1杯くらいが目安です。
また、髪の毛に対しても、リンス効果が期待できます。
最近は合成シャンプーを嫌い、石鹸シャンプーを使用している人が多くなっていますが、その際のリンスとして、クエン酸を溶かしたものや酢を薄めたものを使うと髪の毛がサラサラになります。

クエン酸は、重曹とともに最近は掃除や料理など幅広い分野で活躍しています。
今ではどの百円ショップでも取り扱っているくらいです。
また、柑橘系の果物全般や梅干しなどスーパーでいつも売られている食品に豊富に含まれていますし、クエン酸を使ったドレッシングやドリンクを手作りすることも簡単で、レシピはいろいろあります。
様々な用途に使えて、手軽で安価に摂取できる美容成分としてこれほどのものはなかなかないのではないでしょうか。

注目の美容成分の参考になるネタはネットならここで情報収集しましょう☆